英文契約書の「WHEREAS」条項とは?

英文契約書の頭によく見られるWhereas Clause(Whereas条項)は取引の背景、両当事者の主な事業内容および当契約の目的や動機等を記載する条項です。

Whereas(条項)というのは英米法での契約書特有の古い様式です。Whereasを使用するとRecitalsはWitnessethとするのが正式になります。Recitalsとすると後はWhereasを入れずに箇条書きにしても問題ありません。でも、最近は、RecitalsやWhereasもなく、そのまま背景を箇条書きにしたり、背景情報を記さずに本文から始まるものもアメリカでは多く見られます。

以下はライセンス契約の例と簡単な解説:

WHEREAS, Licensor owns technology for the production of XXX (the “Technology”) and has patents for the protection of the Technology;
ライセンサー(ライセンス保有者)がXXXを製造するための技術・パテントを持っている。

WHEREAS, Licensee desires to utilize the Technology (i) to provide services to third parties; (i) possibly for itself; and (iii) for sub-licensing, all in the Licensed Territory;
ライセンシー(ライセンスを受ける側)が当技術を地域において(自分のため・第三者にサービスを提供するため・サブライセンス(再実施権)のため)使用したい。

WHEREAS, Licensee desires to secure an exclusive, royalty-bearing, perpetual license for the use, development, marketing and commercialization of the Licensor’s Technology (now or hereafter acquired) and the patent pending for the foregoing business purposes;
ライセンシーはロイヤルティ料を支払い、当技術・パテントを開発・商用等の目的で以下定めるように使用したい。

WHEREAS, Licensor is agreeable to licensing to Licensee, on an exclusive and royalty-bearing, perpetual basis, the Technology solely in the Licensed Territory and the patents pending for the foregoing business purposes of Licensee; and
ライセンサーはロイヤルティ料を受け取り、地域内で以下の目的で当技術・パテントの使用を許可する。

WHEREAS, the parties have negotiated and have reached certain understandings, and desire a document to evidence and formalize such understandings.
両者は合意した事を正式書面で残したい。

NOW, THEREFORE, intending to be legally bound and in consideration of the mutual promises and covenants contained herein, and for other good and valuable consideration, the receipt and adequacy of which are hereby acknowledged, the parties have agreed, and do hereby agree, as follows:
よって、両者は以下のように合意する。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す